仕事で成功する人の特徴とは。勝ち癖をつける方法とは。

仕事で成功する人の特徴とは。勝ち癖をつける方法とは。

仕事で結果を出す人の習慣と行動

1.探究心を持つ


常にこうしたら上手くいく、こうしたら効率的だ、こうしたら喜ばれるだろう、と探究心を持ちながら仕事に取り組んでいる人は成長スピードが早いです。仕事中はもちろん、空いた時間でもその業界やジャンルに対して学ぼうという姿勢が大切です。その差が個々の能力の差となるのです。日々学習し、昨日より今日、今日より明日の自分がレベルアップしていなければなりません。まずは一日一つでもいいから知識をスキルと身に付けましょう。自分にスキルが身に付けば、それは自信に変わり、人間としての魅力に繋がります。魅力的な人間とは自分にない知識やスキルを沢山持っている人なのです。

2.ストイックに打ち込む、妥協しない


何事もストイックに打ち込む事が大切です。集中して打ち込む事によってそれは脳にインプットされ習慣化されます。無意識で良い選択が出来るようになるのです。習慣化は簡単ではありません。何度も繰り返すという反復作業が必要です。途中で嫌になったりしても妥協してはいけません。投げ出してしまえばまた一からのスタートです。何度も繰り返し潜在意識に働きかける事で、それは習慣化されます。習慣化された行動はなかなか忘れる事はないのです。仕事には集中力を高め、真剣に取り組んで下さい。職場に出勤した時は邪念を捨て、目の前の仕事に真剣に取り組みましょう。それが習慣化すれば、貴方は何をやっても成功出来る力を身につける事が出来るでしょう。

3.貪欲さと向上心


アスリートや経営者には負けず嫌いが多いです。人よりも成功したければ、人よりも努力し、先をいかなければなりません。常日頃から勝ち癖をつける事が大切です。嫌な事から一度逃げると、逃げ癖がついてしまいます。それはとても厄介で段々と楽な方ばかりを選択するようになります。試練をが訪れると何かしら自分自身に言い訳を付けて逃げる人間になってしまうのです。
成功出来ないのは人のせいではないのです。夢やチャンスは逃げません。逃げるのはいつも自分です。
勝ち癖をつける事は本当に大切な事だと思います。負けないコツとは、、、
それは勝つまで継続し、戦い続ける事です。

4.良い人間関係を築く


日頃から同僚やお客様、尊敬できる人の行動や思考を観察し真似る事が大切です。なるべくお客様に親近感を与え、距離を縮める事も大切です。やはりお客様は仲の良い人との時間を大切にします。仲良くしている人の店を選択し、応援してくれます。お客様から選択される人になれるよう、日頃から自分磨きに精進する事が大切です。身なりや気づかい、情熱です。信念や情熱のない人間の言う事には重みを感じません。しっかりと自分のブレない気持ちを持つこと。そうすれば周りには素晴らしい人が沢山集まってくるはずです。

5.具体的目標を立て、それをクリアする

貴方には今具体的目標という物がありますか?ある人とない人には人生において大きな差がうまれます。目標から逆算すれば、その過程において必要な行動が分かってきます。ゴールのないマラソンを貴方は頑張る事が出来ますか?ゴールが見えていない人は遠まわりしてしまいます。なるべく具体的な数字や結果を明確にして下さい。ゴールが決まれば後はそこに向かってなるべく早く走るだけです。1日の目標、1年の目標、人生の目標を紙に書き出しましょう。

6.自信を持ち、他人の言う事を気にしない鈍感力を身につける


人の中には僻みや妬みを他人にぶつけるという悪質な人も沢山います。負け犬な奴ほどよく吠えるもの。叩かれるという事はある意味目立っている証拠でもあります。以前、好感度の持てる芸能人のトップ5にキムタクがいました。性格の悪そうな芸能人のトップ5にもキムタクがいます。この両極端な結果が示すのは、有名な証であり人々に注目されているという事です。知名度やステータスが上がれば必ず叩かれます。ひがまれます。全ての人に好かれようと思わない事、考え方は十人十色、他人の意見でネガティブにならない事。勝ち抜く為には鈍感力も大切な素質だと言えるでしょう。出る杭は打たれるとよく言います。だが出過ぎた杭は打つ事は出来ません。やるからにはライバルに徹底的な差をつける。そうすれば他人がどんな悪口を言っていても何も気にしなくなります。それは自分自信の自信という武器が自分自信を守ってくれるようになるからです。周りの目を気にしてばかりいるとどうしても行動がネガティブになってしまい結果に繋がりにくくなってしまいます。ポジティブシンキング出来るようになる事で仕事も日常も全てが上手くいくようになるのです。


最後に大切なポイントをおさらい。
夢やチャンス逃げません、逃げるのはいつも自分です。負けないコツ、それは勝つまで継続する事です。鈍感力を身に付ける。常にポジティブシンキング。
100回負けても最後に1回勝てば貴方は成功者となるのです。

最後に良い言葉なので引用しておきます。

蓄音機や電球、映写機など数々の発明で知られ、“発明王”と呼ばれた、トーマス・エジソンさんの言葉。
『私たちの最大の弱点は、諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう1回だけ試してみることだ』。

『失敗すればするほど、我々は成功に近づいている』。

『人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに、気づかなかった人たちである』。

『成功する人は“思い通りにいかないことが起こるのは当たり前だ”と分かって挑戦している』。

『失敗なんかしちゃいない。上手くいかない方法を700通り見つけただけだ』。